読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛しくて尊すぎる

じゃにーず、時々、はろぷろ

特別登録の話

 

今回はもしかしたらタメになるかもしれない話をしたいと思います。

 

 

 

特別登録

 

たいてい舞台の公演中に後追いでやってくる知らせ。

希望日や、会場に行くまでかかる時間を入力して登録完了となる。

 

たぶん、ほとんどの人が「ダメ元」で登録しているのではないでしょうか?

「ダメ元」自体はいいんですけど、「どうせ当たらない」と登録して終わりにするのはオススメしません。

私みたいに泣きを見ます(笑)

 

とりあえず、起こった出来事を書き起こします。

 

3/2(木) 17時半すぎ

0570000014という番号から着信が。

調べてみたところ、ジャニーズコンサート事務局だとわかりました。

この日私は絶賛仕事中だったので、電話に出ることができず、18時ごろに気づいて折り返したものの、営業時間外ということで繋がりませんでした。

 

翌日お昼

営業時間が11時からとのことなので、お昼休みに折り返し電話をかけました。

これがまたなかなか繋がらない!!!

順番にお繋ぎします⋯の延々アナウンス。

それでもどうにかオペレーターさんに繋がり、事情を説明。

 

ここからが長かった。

これは私が特殊なパターンだっただけだと思うんだけど、複数のFCに入ってるせいで、どのグループの件で連絡があったのか特定するのが大変だったみたいです。(オペレーターさんごめんなさい)

 

なんやかんやで最後の質問、「何か特別登録ってされてます?」

心当たりがなかった私は、「いやぁ、してないと思うんですけどねぇ」と返答。

 

しばらくしてオペレーターさんが、

「特別登録されてないって話でしたが、Endless SHOCKの特別登録されてませんか?

 

 

 

⋯アッ!!!!!!!

そう、2月初旬に登録していたのです。(蘇る記憶)

 

私「そ、そういや結構前ですけどしたような気も⋯します⋯」

オペレーターさん「その件で連絡したようなんですけど、今現在ご案内できる公演はございません。今後またお電話することがあるかもしれませんので、そのときはよろしくお願いします」

〜終話〜

 

てなわけで、特別登録の電話だったようです。

 最後まで丁寧に対応してくれたオペレーターさん、本当に感じが良かったです。

 

さて、肝心の特別登録の話。

正直私は、特別登録なんて都市伝説的なものだと思っていました。

だって当たりっこないじゃん!!!

 

ところがどっこい、本当にあるんですねぇ。。ちゃんと心構えをしていれば逃さず済んだかもしれない⋯と思い、反省点をここに残しておきます。

 

まずそもそもなんだけど、

「特別登録したことを覚えておく」

メモでも何でもいいから残しておくこと。

 

そしてそのメモに、

「申し込んだ公演、日時、会場までの時間」も書いておく。

 

申し込んだ公演日時が近くなったら、

「目に付くところに携帯電話を置いておく」

これは人によっては難しいんですけどね。仕事中とか授業中とかだと、着信があっても出れないかもしれないし。

そうなっちゃうと、もう仕方ないというか⋯(笑)ツイてなかったなとしか。

ただ、電話がくるかも!と意識するのとしないとじゃ全然違うと思うので。

 

 

ここまでツラツラと語ってきましたが、みなさんお気づきですよね?そう、これらは全部⋯

やってて当たり前のこと!!

 私が怠惰だっただけなのです⋯

 

 

しかし、あの時間に電話来たってことは、その日の18時公演の案内だったんだろうか⋯

特別登録ってホントに急に連絡くるのね、こわい。

だからいくらダメ元でも、ある程度行ける目処のつく日を選んだ方が後悔しないと思います。

 

 

以上!

私的橋本良亮ソロ曲のポイント

 

橋本良亮のソロ曲にハズレはありません!

 いちオタクの勝手な解釈祭りなので暇つぶし程度に読んでください。

 

 

「One by One」

直訳すると、「ひとつずつ、ひとりずつ」

1歩ずつ確実に前進し、名声を掴み取ってやる⋯そんな強い意志を感じる曲。

Hey, are you ok we wanna be a SUPER STAR

Big shinning SUPER STAR, Big shinning SUPER STAR

すごくないこれ?スーパースターになりたい!って。

そんでまた主語が「自分」じゃなくて「僕ら」なのよね。

これだけ攻めてる曲なのに、目線が自分じゃないのがちょっと不思議。

曲中には「僕と共に」とか「Together」って言葉が多く、

仲間と共に戦う、前に進むといったイメージを持ちやすい歌詞になってるなぁと思いました。

私の好きなところは、やっぱりラップかな。橋ちゃんラップがすごくうまいの。音にカチッとはまって聞きやすいんだよね。

 

 

「DANCE!」

クラブミュージックぽい。(実際歌詞にもクラブがでてきて、俺を見ろ!手を上げろ!みたいなんもあるしな)

 

俺の心のバイブルに 「不可能」の文字はない

 

俺が踊れば 俺が歌えば 変えられるさ

この世界さえ この時代さえ 必ず

 

強い。

これだけ強気で俺様でも一切嫌味がない。むしろひれ伏す勢い。

さすがA.B.C-Zのセンター、こうでなくちゃ。

「世界(世の中の価値観)」や「時代」ってどうにもできない「理由」ってのにあたる気がして。

変化しない、現状維持ってラクじゃない?

つまり、変化を選ばない理由としてこの2つを挙げるならば、橋ちゃんは自分の道を突き進み、何かを変えてくれるんじゃないかって本気で思うのよ。無敵。

 

 

「恋」

ハシツアーズで念願の映像化。とりあえず形に残ってよかった⋯ 

すごく素直で綺麗な恋の歌。まさに純粋

橋ちゃんが16歳の時に歌詞を書いたんだっけ。

 

「君となら終わる恋なんてない」

言われたい!!こんなこと言われてみたい!!

 橋ちゃんはこういうスローテンポな曲の方が好みなのかなぁ。世界一もそうだし。

 

 

「秘密の愛」

 タイトルだけ見たら、ねっとりした大人なバラードって思うけどびっくりするくらい真逆。

すごく爽やかでポップ。橋ちゃんが歌いやすい曲だろうなーって感じ。

 

でもね!!!

よーく歌詞を見て!!

ちょっと夜の匂いがする!!

LOVE連呼や、ポップなサウンドに紛れてるけど、

歌詞は大人の雰囲気、それこそタイトルから感じる危うさがプンプンしてるよ⋯

 

 

「Stay with me♡」

橋本良亮=王子様を確固たるものにしたソロ曲。

まずタイトル。ハートがついてる!!!

あるとないとじゃ大違い。ここがこの曲の世界観を作り出すキーポイントだと思ってる。

 

すっごくあま〜〜い曲。聞く人すべてをお姫さまにしてくれる。

歌詞が話し言葉になってる部分が多いから、それだけでドラマ性があるし、余計ドキドキするよね。

 

 

「Crazy about you」

 テンポがサビとそれ以外で変わる、かっこいい曲。ドンッドンッていう四つ打ちが印象的。NEWSの増田さんが歌いそうって思ったけど、それよりもキレイめというか爽やかさがあるかな。

 

そんでこれもパッと見、ワンナイトラブ系かと思ってたら片思いの曲なのね。

最初から最後まで「伝えたい」「触れたい」「見つめたい」「気づいてほしい

相手の像がイマイチ見えてこなくて、自分の世界っていうか主観的な印象が強い曲だなーって思います。韻を踏むとかリズム面での語感の良さとかもあるんだろうけど。

 

 

「hazy love」

やっと!!橋ちゃんに女性目線の曲が来た!!

前々から細くて儚げな橋ちゃんの声は、女性目線の曲に合うだろうなーって思ってたから、まさにドンピシャです。

 

タイトルを直訳すると「霞んだ愛」

本当なら好きな人をまっすぐに愛し、「好き」って気持ちひとつでいいはずだったのに、何かが主人公を変えてしまったのかなぁ。

この曲って曖昧な部分が多くて、聞く人に委ねられるというか、その人その人で感じ方が違うと思う。

 

ごめんね 抱きしめられなくて 今は

 

あなたにそばにいて欲しいの 私の癒しなの
矛盾な愛に 曖昧な恋に
さよならなんて言わないでね
愛してよね でも
近づきすぎたら 壊れてしまうの

 

 たとえば、サビ前の「今は」って歌詞。

これが前後どちらの言葉に掛かってるかで意味が変わってこない?

「今は 抱きしめられない」なのか「今は そばにいて欲しい」なのか。

「近づきすぎたら 壊れてしまうの」も、「主人公の心が」なのか「2人の関係が」なのか。

まぁ私が読み取る能力低いだけかもしれないけど(笑)

 もともと疾走感のある曲だけどピアノが儚さや切なさを加速させるね。

 

さて。

ここからは番外編というか。私が橋ちゃんに歌ってほしい曲コーナー。

 

ズバリ!手越祐也のソロ曲!

 

橋ちゃんの鋭くて儚げな女声(高音のとき)が、失恋系が多い手越さんのソロ曲にハマる気がします。

具体的に曲を挙げると、

「Lovin'U」「あなた」「Encore」

ただ悲しい、辛いって感情だけじゃなくて、相手を想う心の暖かさも持ち合わせた曲たちだからそこの表現もポイントだね。

 

ってなわけで、今年またソロコンやるならぜひ、手越さんの曲をお願いします!

 

(「そばに」は私がつらつらと語れるほど聞き込んでいないので今回は割愛しました)

 

A.B.C-Zポスターお渡し会に行ってきた

さっそく三日坊主⋯

 

さて!!

2月5日

Reboot!!!/A.B.C-Z」のリリースイベント(ポスターお渡し会)に行ってきました。

f:id:abcnews0209:20170205194625j:image

(午前中会場の周りをずっと走ってたトラック) 

 

感想を一言で述べるなら⋯

 

想像以上!!!!!!

 

何もかもがね。

まず待ち時間⋯てか人の多さ。

待っても3時間だろう、15時には終わるだろうと思っていた愚かな私。

 

実際は、

1巡目→5時間(⑤河合→橋本→戸塚→塚田→五関)

2巡目→4時間(⑧塚田→五関→橋本→戸塚→河合)

(腰が死にました)

 

ふたつ目の「想像以上」は、

メンバーの対応の良さ

 

以前、NEWSのチャンカパーナのイベントに行ったとき握手会があったんだけど、びっっっくりするくらい高速で何も言う暇ないって感じだったんです。

(でもNEWSは間ができちゃうの嫌だから机は置かないってほんとに対面でやったのよね、それはめちゃくちゃすごいと思う)

だから、今回もそのイメージで行ったわけですよ。

 

剥がしはあるものの、一言会話する余裕がある!!!!

 

休憩してるのかわからないくらいの間があった後、すぐ前説してお渡し会〜っていう無限ループ。

こんなん頭おかしくなるよね。

 

夕方にはみんな脂ぎっしゅなお顔になって、橋ちゃんと五関くんはすごい頬こけてない!?って印象を受けた。。

塚ちゃんも目に力がないというか⋯気力で持ちこたえてる感じ。

河合くんは見た目はそんなじゃないけど、お渡し会の会話の返しが「ありがとう」の一点張りになってて(私の回が河合くんがお渡し係だったからかもしれないけど)みんな満身創痍すぎるって涙が出そうになった。

 

正直、この手のイベントだと橋ちゃんとか機嫌悪くなる⋯っていうか疲れが前面に出ちゃうイメージがあったから、最後まで朗らかに対応してるの見て意外だな〜とか思った。

 

じゃあ時系列を追ってレポします。

 

1巡目

 10時前に会場到着。すでに朝イチ組が終わって2巡目に並び始めてた。

なんやかんや外で並んで中に入れたのは1時間半後。入ってからもグルグル並んでやっとThank youカードを入場券に引き換え。

 f:id:abcnews0209:20170207072813j:image

 からの左手の甲にスタンプ。

f:id:abcnews0209:20170207072904j:image

(このスタンプ欲しい)

 

その後は以下の図のような感じ

 f:id:abcnews0209:20170207074610j:image

ホールAで2時間、ホールBで1時間半ほど待機。

ほとんど列は動かないからしんどいんだけど、屋内で待機させてくれることに感謝しMV鑑賞を続けます。

 

前説のとき、彼らが決まって言うのが

「待ったでしょ〜〜ごめんね〜疲れたよね〜」なの。

 

いやいやいや!!あなた方のほうが何100倍も疲れてるでしょ!!!もっと休んで!

 

前説前の時間に休憩取ってるみたいなんだけど、ほんの10分〜20分よ?ちょっとお菓子つまんでお茶飲んでストレッチしたら終わりよ?

その後はアイドルのスイッチ入れて笑顔で対応。

すげえよ⋯アイドルだよ⋯A.B.C-Z

そりゃ並んでるオタクも疲れるけど、こっちは黙って立ってりゃいいわけだし、好きな時にお茶もお菓子も口にできるし、顔なんて死んでても誰も気にしないんだから( )

 

 そんなこんなでいざお渡し会へ。

長机を挟んだ向こうにA.B.C-Zが⋯⋯⋯ってすごい早さだ!!!!

その驚きで言おうと思ってたことはすべて吹っ飛んだ。頭の中に「ヤバイ」しかないし、実際「ヤバイ」しか口から出てこない。

 

河合

私「無言(うわ!顔ちっちゃ!目でか!)」

河「?ありがとー」

黒目が大きくてすんごいキラキラしてるの。ザ!アイドル!

 

橋本

私「(自担には何でもいいから言わなきゃ)いちばん好き!!!!」

橋「!!ほんとにぃ〜?(ニコッ)」

好き!!!橋たん好き!!!(語彙を失ったオタクの図)

剥がされる直前に言ったからもうハイタッチは次の人に移ってるのよ。それでも一言返してくれる優しさに泣いた。橋ちゃんだけじゃなくて、全員に言えることなんだけど、流れ作業じゃなくてちゃんと1人1人と向き合ってるのがすごい。

 

戸塚

私「(橋ちゃんで燃え尽きて言葉が出ない)」

戸「ありがとなァ〜〜」

出ました、猫ひげスマイル。

顔面の美しさに呼吸することを忘れました。とっつーのすごいところは、ファンの目線に合わせてくれるところ。目と目の高さが同じなの。その上顔が近い。

 

塚田

私「(微笑むだけで精一杯)」

塚「ありがとう〜」

塚ちゃんってすごい肌綺麗だよね。白くてツルツルでびっくりした。塚ちゃんは塚ちゃんってかんじ。

 

五関

私「五関様⋯(崇拝)」

五「おぉ!はい(ポスター渡し)ありがとう〜」

無意識に崇拝してた。

目がビー玉みたいに透き通ってて綺麗。やった!五関様の指紋付き封筒ゲット!

 

そんなこんなで外に出たのは15時。5時間も並んでたことにびっくりしたけど、そんなこと感じさせないくらい楽しかった。

とにかく立ちっぱだから腰が限界だったけど、最後のあの多幸感を味わってしまうともうダメだね。外出てすぐ列に並んだ。

 

2巡目

f:id:abcnews0209:20170208122946j:image

1巡目より1時間早くたどり着けた。オタクの疲労もピーク。

MV鑑賞の間で突如スマホに現れたWi-Fiの接続画面。

f:id:abcnews0209:20170208123020j:image

ポニーキャニオン

スタッフさんメンバーはもしかしてこれ使ってるのかなぁとかわけわかんないこと考えるくらいには疲れてた。

 

もう夜だというのに前説も元気元気。

前述のとおり、もうお顔もテカテカしてて、あぁ彼らも人間なんだなぁって思った。

(*б_б)「俺は深夜までかかってもやるよ!!なんなら朝まで!!」

(^∀^)「高田馬場のみんな聞いたか〜〜これが橋本良亮の優しさだ〜〜(猫ひげ)」

はしとつ!!!!!!!

はしたんに甘々な戸塚しゃん好き⋯

 

塚田

私「お疲れさまです」

塚「全然疲れてないヨッ」

そう言いながらマッチョポーズをキメてくれる塚ちゃん。健気。

 

五関

私「お疲れさまです」

五「ありがとう」

仏のような笑顔。みんなテレビとかで見るまんまなんだけど、五関くんはより一層その印象が強かった⋯なぜだろう。

 

橋本

私「お嫁さんにしてください⤴︎ 」

橋「(ウンウンと目尻を下げた笑顔で頷き手をギューッと握る)」

やっっっっっっばい。

まず、人生初のプロポーズに声が上擦った。フワッと微笑んでくれてありがとう。握ってくれた橋たんのおてて⋯柔らかくて大きかった⋯男の子⋯

 

戸塚

1巡目に同じ。だけどますます顔近くなってない!?!?吸い込まれるような眼力に圧倒されました。あとテンションが高い。

 

河合

私「ありがとうございます」

河「ありがとう(ポスター渡し)」

お渡し係ってこともあり、あまり余裕がなさそうな河合くん。それでもしっかり目を合わせて対応してて、流石だなと。ちゃんと頑張んなきゃ!!って気迫を感じました。たまには肩の力抜いてね⋯。

 

こんだけツラツラと綴ってるけど、ほんの1分もない間の出来事だからね。。

 

なんだかんだで2巡目が終わったのは19時過ぎ。

終わってみて手荷物検査がなかったことに気づいて驚愕。A.B.C-Zのファンはマナーいいから〜とかじゃなくて、人の多さに検査する暇もなかったのかなって思いました。

 

最後に

このイベントを企画してくれたポニキャさんありがとうございます😭 

f:id:abcnews0209:20170208125210j:imagef:id:abcnews0209:20170208125420j:image

こちらは会場の利用料。

丸1日借りたら788万円。

⋯ななひゃくはちじゅうはちまん!?

これプラススタッフさん雇ったり⋯とてもお金がかかっています。

 

これって一方ではリスクもあったよね。これだけお金かけて売上が出なかったら⋯と思うとゾッとします。

改めてオリコンウィークリー1位、売上大幅増おめでとう。

 

と言いつつも、ジャニーズとしては売上がなかなか厳しいところ。

ほとんどのグループでは「初週」ではなく「初日」に達成しちゃう枚数だもんね、6万枚。

結果が出れば出るほど活動も活発になると思うから⋯頼む⋯売れてくれ⋯。

ポニキャさん、A.B.C-Zの作品の作り方すごいうまくて面白いからもっといろんな人に見てほしい。

 

そういや、何のために1回で2枚引換えてると思ってるんだっていう声も耳にしたけど、ここで入場を分けると(いわゆるファストパス的なの)、より不公平感が増す気がするから今回はこれで良かったと私は思います。

だって2巡目だけスッと入ったら1巡目はいつまで経っても入れないし、交互とか入れ替えにしてもそのタイミングとかって難しいと思うし。

 

ジャニーズでは非常に珍しい接触系イベント。タレントの価値を下げてるって意見もすごくわかるけど、今回は5周年。節目だし特別感があっていいんじゃないかなぁ。

 

とにかく、みなさんお疲れ様でした!

Reboot!!! 

 

わたしの好きなアイドル ジャニーズJr.編

ジャニーズJr.は沼です。

もう1度言います、ジャニーズJr.は沼です!!!

 

次から次へとキラキラした男の子が出てきて、お気に入りの子が増えていく。

A.B.C-Z好きになって少クラとか見だしたのがきっかけかな。。

てなわけでお気に入りのJr.くんをご紹介したいと思います。

 

松田元

f:id:abcnews0209:20170122165843j:image

爆イケDKの称号を与えるなら間違いなくこの子。

表現力がピカイチで、踊ってる時の表情(特にお色気モード)が最高。

とはいえ、もとがこのプリティーフェイスです。笑顔が抜群にかわいい。

松田元太といえばダンスってイメージ強いけど、アイドルやるなら歌は不可欠。Jr.じゃなかなかマイク持たせてもらうことないからな⋯あんまり歌声聞いたことないけど別に下手じゃないよね?

今年のスタートは念願のEndless SHOCK。これ大きいよね、あのSHOCKに出演するってすげえよ⋯

 

寺西拓人

f:id:abcnews0209:20170122170845j:image

みんなの、いや、わたしのリア恋枠。

個人的に同い年なのが余計リア恋を加速させてる。

去年かな、嵐のツアーにもついてたんだよね。

で、なんといってもこれよ。初の外部舞台「クロスハート」

 アホみたいに何回も観に行きました。

もう超かっこいいの!!クラシックというか、ワルツに合わせて踊るところもあるから、大きく優雅に踊る寺西くんのダンスが生きてたんだよね。

女性と社交ダンスみたいなの踊るシーンもあるんだけど、敵対する派閥の女性だからか顎をあげて見下した感じで踊るのよ。その顔がいい!!!!!わたしもあの冷たい目で見下されたい!!

⋯そんでね、歌もうまい。今年は元太くんと一緒にEndless SHOCK。どうにか色んな人に見つかって、大躍進の1年にしてほしい。

 

諸星翔希

f:id:abcnews0209:20170122210651j:image

わたしのリア恋枠第2位。

こんな優しくておもしろくてあったかい男の子近くにいたら間違いなく惚れるでしょ!!!

モロたんはやっぱりダンスが特徴的。重心低めで獣感が強い。故に、昨年「クロスハート」に出演した時は、1人だけテイストの違うダンスで浮いちゃわないかなって勝手に心配してたんだけど、そんなのどこ吹く風。ばっちり舞台の雰囲気、ほかの役者さんに合わせていてさすがでした。

モロたんも歌うまいんだよね。見かけによらず(?)優しい歌声。

去年から新ユニットLove-tuneに所属。バンドもできるグループってことでモロたんはサックス担当なんだけど⋯わたしモロたんがサックスできるって全然知らなかったんだけど!!何きっかけなのかしら。

 

基俊介

f:id:abcnews0209:20170123125552j:image

とざい!とーざーいー!!の子。

もしくは、ワン、ツー、スリ、フォーの子(滝沢歌舞伎2016オフショ参照)

滝沢歌舞伎2016では元太くんのシンメ。

 照れ屋さんで耳が真っ赤になりがち。これで20歳ですよ奥さん!!

橋本良亮サマパラで自己紹介する回があったんだけど、それがまたマーーーージでかわいいの。めっちゃ照れててキョロキョロチマチマって感じ(?)

会場のあちこちから「かわいい⋯」ってため息が聞こえた。この日、少なくとも70人のお姉さんを虜にしてる。

去年はA.B.C-Zやら嵐やらのバックについて、めきめき成長したんじゃないかな。

基くんもダンスが上手。かつ、すんごい楽しそうに踊るから目がいっちゃう。

歌を聞いたことないから何か機会があるといいなー。

きっと先輩に可愛がられるタイプだと思うから、慕って気に入られて贔屓にしてもらってください(必死)

 

山本亮

f:id:abcnews0209:20170124124100j:image

They武道改め、宇宙Sixの元気印。

キュート&セクシー。

 自分のこと「りょうちゃん」って言う26歳最高すぎません?

去年のABC座。1人2役を演じてたんだけど、それがまた両極端なんだよね。

天真爛漫な外国人役とクールでダークサイドな役。天真爛漫な方はまぁ想像つくじゃん??と思いきや、想像の上を行くキュートさ!!!!毎回冷食モグモグしてるのとかね。ダークサイド方面はもっとやばい。目が死んでる。あの冷たい目で見下されたい(2回目)

去年嵐のツアーで突然発表された宇宙Six。長く親しんだThey武道という名前がなくなるのは寂しいけど、彼らはまだまだ諦めてなくて、さらに上を目指して覚悟決めたのかなって思いました。

 それにしても宇宙Sixってまとまってる感がすごいあるよね。あの決めポーズとかめちゃくちゃアイドルでかわいいし。

 

後藤泰観

f:id:abcnews0209:20170124122910j:image

(注:屋良くんを抱えてるお兄さん)

昨年、何かと話題になったオレ達のヒロミ。ジャニーズJr.の新たな道を切り開いています。

ヴァイオリンおじ⋯お兄さんでしょ〜と侮ることなかれ。

もちろんヴァイオリンもすんごいよ。留学してるくらいだもんね。

だけどやっぱりジャニーズなのよ。アクロバットだってダンスだって歌だってできちゃう、オールラウンダーなお方なんです。

何回か彼の所属するバンドのライブも行って、お話する機会もあったんだけど、

「楽しけりゃいいじゃん」って言ってたことがあって、やっぱりアーティストだなって実感しました。

今年の滝沢歌舞伎に今のところ名前はないけど、泰観くんが楽しいと思うこと、やりたいことをやって欲しいなと小者ながら思います。

楽しそうにしてる泰観くんが好きだからね。

 

総評:わたしはガッチリ体型のスキルメンが好き

 

わたしの好きなアイドル A.B.C-Z編

毎日更新しててお前暇なのかって感じだけどまぁうん、暇です(笑)

 

さて、なんでA.B.C-Zが好きになったのか。

もともとNEWSやKAT-TUNのバックについてたし、デビューしてからも「ワンカメすごいなー」とか言ってずっと見守ってました。

 

そう、「見守ってた」だけなのよ。

当時のわたしはあまり掛け持ちに良いイメージを持ってなくて、NEWS以外に手を出すようなことはあってはならないと縛り付けていた。

そんな葛藤がある中でもCDやDVDは買ってたし、念願のABC座2015にも行く運びとなりました。(今思えばもうこれ立派な掛け持ちだよね)

で、そのABC座なんだけどね。お芝居ももちろん良かったんだけど、ショータイム、つまり初めて生で見た「歌って踊るA.B.C-Z」があまりにもかっこよすぎてびっくりした。

こんなに熱くて、全力で、生命力に溢れてて⋯

ベテランとなれば、「全力で汗まみれ泥まみれ感満載でやるのとか(フッ)」(注:イメージ)っていう雰囲気感じちゃう人もいるわけじゃないですか。

そこに奢らず謙虚に取り組む姿勢に好印象を受けたのです。

 

それ以来、わたしもなりふり構わずA.B.C-Zのファンとして応援してきた。

去年のツアー「A.B.C-Z Star Line Travel Concert」は、ジャニオタ人生初めて遠征もした(笑)

 

さて、ここでメンバーの話を少ししたいと思う。

まず河合くん、とっつー、五関くん。

この3人については特に言うことないです。自分の中に芯がスッとあって、自分の高め方や魅せ方、得意分野などある程度自分のことがわかってるんじゃないかなーと思う。

ただ、ちゃんずーの占い企画でも言われてたけど、河合くんはもう少し肩の力抜かないとしんどくなっちゃうんじゃないかなーって、そこだけは不安だよね。

そこを誰か他のメンバーが支えてあげられるとバランスとれるのかなー?

 

橋ちゃん。

自担です。かわいくてかっこよくてかわいい自担です。

末っ子でセンターってどれだけのプレッシャーなんだろうか。

すんごく素直で優しい男の子。その「素直さ」が時に危うい印象を与えがち。

前からメンバーにも言われてるし、本人も自覚してるみたいだけど⋯

 

不機嫌が顔に出過ぎィ!!!!!!

 

オタクはそれでも「そんなはしこかわいい(盲目)」って感じだからいいんだけど、そうじゃない人から見たら調子乗ってるなって思われかねないぜ⋯怖い。。

末っ子だけど大人だからね⋯ほどほどに。

で、去年の「コインロッカー・ベイビーズ」すごーーーい良かったのよ!

あの儚い感じね。橋ちゃんの歌声って、女性目線の曲だとより生きると思うんだ。手越さんと同じで。

 

塚ちゃんはねー⋯素直で全力!いい意味でも悪い意味でも。

そして笑顔と底抜けの明るさの裏に闇を感じるのはわたしだけだろうか(笑)

1人で抱えてることもあるのかなーって1番思うのは塚ちゃん。

あと、去年ハロメンと写真撮られたけど、「公私混同しない!そこに芸能人パワー使わない!」って言ったじゃないか!!!って、少しショックでした。

いつでも全力でそこには嘘はない故に、矛盾が生まれがちな塚ちゃん。

それが塚ちゃんらしさだと思うから、何かあった時には頼みます、戸塚さん。

 

A.B.C-Zは今年で5周年。

記念日に発売されるシングル「Reboot!!!」は最高にA.B.C-Zらしい曲だなって思う。

なんかのインタビューでは、最初聞いた時はA.B.C-Zぽくないって思ったって本人達は言ってたけどね。

 

再起動。初心を忘れず、A.B.C-Zらしい道を進んでほしいと切に願っています。

 

そして年明け早々に戸塚さん、塚ちゃん、橋ちゃんの出演舞台が決まってめでたい!

共演者が大物俳優さんばかり。それに、コンスタントに舞台に呼ばれるのって認められてる証拠ってことでいいのかなぁ?

 

NEWS編に比べて、浅い内容になってしまった⋯

わたしの好きなアイドル NEWS編

自己紹介がてら。

 

そもそもなぜ、私はジャニーズが好きになったのか。

なにがキッカケだったのか。

 

キッカケなんて覚えてないけど、突然山下智久(山P)がめっちゃ好きになった。

ランチの女王の再放送とか見たのかな⋯野ブタよりは前だった記憶はある。

抱いてセニョリータ」とか「フィーバーとフューチャー」とかめちゃくちゃ好きだったけど、まだNEWSには興味が無かった。

それでも山Pを追っていれば自然とNEWSも好きになるわけで。

 

初めて買ったCDは、NEWSが6人になって初のアルバム「pacific」

初めて行ったコンサートはNEWSの宝石魂⋯⋯と言いたいところなんだけど、実はKAT-TUNの海賊。

赤西仁くんが好きだったんですわ⋯そういや山Pがゲストで出てきたりしてたなぁ。

 

と、ここで現在の私を知る人は、おや?と思うでしょう。

 

まっすーは???

 

そう、どこで増田さん好きになったんやと。

それは「テゴマス1stライブ テゴマスのうた」なんですよ。

山Pはもちろんだけど、当時手越さんも芋からの脱却でグイグイ来てて、つまり手越さん見たさに行ったわけ。

そこで増田さんの歌とキュートさに心わし掴みされたんです。

23歳の増田さん⋯カリメロ時代⋯⋯

23歳の誕生日のときマスヒツで、「23って数字が好きだから嬉しい」って言ってたんだよなぁ。

 

てな感じでどっぷりNEWSにハマったわけです。

NEWSのね、あのちょっと触ると崩れちゃいそうなアンバランスさが好きだったんだ。

「NEWSってあの山Pがいるグループなんだよ!」ってすごい誇りだった。

ちょっと遠い世界にいるような山Pと亮ちゃんが4人とワイワイふざけてるのを見るのが大好きだったんです。

NEWSってひとりひとりは個性的な歌声なんだけど、全員揃うと物凄い透明感になるの。

たぶんそれが、NEWSの「爽やかさ」や「白いイメージ」「王道のアイドル感」に繋がってたのかなって思います。

 

そして忘れもしない2011年10月7日。

2人の脱退はもちろん驚いたけど、「良かったぁ」とホッとしたのが1番だった。

だって当時の活動ゼロだったんだもの。マーチングJで集まったっきりで。

ここまできたら解散もあるかもなって覚悟までしてたよ⋯。

そんなだったから、その頃は4人肯定派というか⋯過去の曲も録り直してくれって思うような感じでした。

 

それから半年後くらいに、亮ちゃんがA-Studioにドラマの宣伝で出ました。今までNEWS脱退について触れてなかったけど、ここで解禁って感じだった。

内容はまぁ⋯エイトのファンは永久保存版というか。普通に楽しめる内容だったと思う。

けどNEWSファン⋯少なくとも私は悔しいって思った。

番組の進め方的にも、エイトを持ち上げる感じだったからそりゃ当然なんだけど。

ずっと、「エイトに比べてNEWSは〜」って、NEWSは下積みで苦労もしてない、恵まれた環境、、、ほかにも色々あったと思うけどこんな感じだったよな。

NEWSが努力もせず楽々アイドルやってきたって言われてるようですごい嫌だった。

その時、NEWSのことを知ってるのはファンとして応援してきた私(たち)しかいないんだって思って、何が何でもNEWSのファンでい続けようと決心したのでした。

 

ただそれから5年経って考え方は真逆になった。

今の4人を見てると、慣れって怖いなーって思います。

勝手に私がそう思ってるだけかもしれんけど、4人で再出発ってときのギラギラしたかっこよさが減ったような気がして。

多忙な嵐でもダンスはバチッと揃ってるのに、NEWSはバラバラだったり⋯

シングル曲の選曲も時々「んん??」ってのもあったり(笑)

NEWSはいつだって王道の応援ソングが一番似合うってわたしは思ってるから。

でも今の路線は今の4人でしかできないなとは思ってます。

 

 何が言いたいかっていうと、

大人になったからって諦めないでほしい

ってことかな。

全部全力で頑張ればアイドルとしてのキラキラはもっと増すと思うから。

 

今年が正念場だね。

もうお涙頂戴はいらないよ!

がんばれ!!!

 

てなわけで、最後はNEWSへのエールになってしまいました⋯。

 

 

なぜTwitterではなくブログなのか

はい。というわけで、ブログ開設です。

大昔はアメブロとかやってたけど就活を期に閉鎖⋯

 

言いたい事はTwitterで充分だし〜

 

と思っていたけども、やはり垂れ流すには申し訳ないよねっていうこともあるのである。

(例:負の感情とか)

 

まああとは単純に文字数が足りないだとか、備忘録的なものが欲しいって思ったのが理由かな。

 

ちなみに、ブログタイトルは、

時空を超え 宇宙を超えモーニング娘。'14」からヒントを得た⋯というかほぼまんまだけどね!!

 

2番のサビかな、

「愛しくて 愛しくて 尊さを感じてる」

ってとこがまさにってね。

基本自担には「尊い」しか言わないもんね。

 

正直Aメロの

「遠い過去から君を待つ」

ってのと迷ったんだけど、お前はどの時代人なんだ!重いぞ!!と総スカンをくらいそうなのでやめました( )

 

まぁそれはさておき。

これでコンサートやらなんやらメモしておけるーー!!と嬉し恥ずかし。