愛しくて尊すぎる

じゃにーず、時々、はろぷろ

わたしの好きなアイドル A.B.C-Z編

毎日更新しててお前暇なのかって感じだけどまぁうん、暇です(笑)

 

さて、なんでA.B.C-Zが好きになったのか。

もともとNEWSやKAT-TUNのバックについてたし、デビューしてからも「ワンカメすごいなー」とか言ってずっと見守ってました。

 

そう、「見守ってた」だけなのよ。

当時のわたしはあまり掛け持ちに良いイメージを持ってなくて、NEWS以外に手を出すようなことはあってはならないと縛り付けていた。

そんな葛藤がある中でもCDやDVDは買ってたし、念願のABC座2015にも行く運びとなりました。(今思えばもうこれ立派な掛け持ちだよね)

で、そのABC座なんだけどね。お芝居ももちろん良かったんだけど、ショータイム、つまり初めて生で見た「歌って踊るA.B.C-Z」があまりにもかっこよすぎてびっくりした。

こんなに熱くて、全力で、生命力に溢れてて⋯

ベテランとなれば、「全力で汗まみれ泥まみれ感満載でやるのとか(フッ)」(注:イメージ)っていう雰囲気感じちゃう人もいるわけじゃないですか。

そこに奢らず謙虚に取り組む姿勢に好印象を受けたのです。

 

それ以来、わたしもなりふり構わずA.B.C-Zのファンとして応援してきた。

去年のツアー「A.B.C-Z Star Line Travel Concert」は、ジャニオタ人生初めて遠征もした(笑)

 

さて、ここでメンバーの話を少ししたいと思う。

まず河合くん、とっつー、五関くん。

この3人については特に言うことないです。自分の中に芯がスッとあって、自分の高め方や魅せ方、得意分野などある程度自分のことがわかってるんじゃないかなーと思う。

ただ、ちゃんずーの占い企画でも言われてたけど、河合くんはもう少し肩の力抜かないとしんどくなっちゃうんじゃないかなーって、そこだけは不安だよね。

そこを誰か他のメンバーが支えてあげられるとバランスとれるのかなー?

 

橋ちゃん。

自担です。かわいくてかっこよくてかわいい自担です。

末っ子でセンターってどれだけのプレッシャーなんだろうか。

すんごく素直で優しい男の子。その「素直さ」が時に危うい印象を与えがち。

前からメンバーにも言われてるし、本人も自覚してるみたいだけど⋯

 

不機嫌が顔に出過ぎィ!!!!!!

 

オタクはそれでも「そんなはしこかわいい(盲目)」って感じだからいいんだけど、そうじゃない人から見たら調子乗ってるなって思われかねないぜ⋯怖い。。

末っ子だけど大人だからね⋯ほどほどに。

で、去年の「コインロッカー・ベイビーズ」すごーーーい良かったのよ!

あの儚い感じね。橋ちゃんの歌声って、女性目線の曲だとより生きると思うんだ。手越さんと同じで。

 

塚ちゃんはねー⋯素直で全力!いい意味でも悪い意味でも。

そして笑顔と底抜けの明るさの裏に闇を感じるのはわたしだけだろうか(笑)

1人で抱えてることもあるのかなーって1番思うのは塚ちゃん。

あと、去年ハロメンと写真撮られたけど、「公私混同しない!そこに芸能人パワー使わない!」って言ったじゃないか!!!って、少しショックでした。

いつでも全力でそこには嘘はない故に、矛盾が生まれがちな塚ちゃん。

それが塚ちゃんらしさだと思うから、何かあった時には頼みます、戸塚さん。

 

A.B.C-Zは今年で5周年。

記念日に発売されるシングル「Reboot!!!」は最高にA.B.C-Zらしい曲だなって思う。

なんかのインタビューでは、最初聞いた時はA.B.C-Zぽくないって思ったって本人達は言ってたけどね。

 

再起動。初心を忘れず、A.B.C-Zらしい道を進んでほしいと切に願っています。

 

そして年明け早々に戸塚さん、塚ちゃん、橋ちゃんの出演舞台が決まってめでたい!

共演者が大物俳優さんばかり。それに、コンスタントに舞台に呼ばれるのって認められてる証拠ってことでいいのかなぁ?

 

NEWS編に比べて、浅い内容になってしまった⋯