愛しくて尊すぎる

じゃにーず、時々、はろぷろ

A.B.C-Z1st写真集「五つ星」発売イベントに行ってきた

 

遅くなりました⋯今更感⋯。

 

TSUTAYA版の初回、通常と2冊買ったので応募してみたら当たりました。

 

イベント内容はミニトーク&ハイタッチ。

 

ハイタッチのときに何か言えるのであれば、「好き!」とかじゃなくて、ちゃんと写真集の感想を言いたいなぁと思いました。

 

故にパラパラとしか見てなかった写真集を前日夜中にくまなく見返し、TVガイドPERSONさんのTwitterレポ(イベント当日は100ツイートだったはず)も頭に叩き込みました。

 

結局、青いコート着てファサッてなってる五関くん神々しい。とかそんなことしか思い浮かばなかったんだけどね!!

 

(ちなみにTVガイドPERSONさん(@TVguidePERSON)のTwitterレポは130まであります。要チェックです)

 

 

さて、私は第3部のお昼の回に行ってきました。

 

f:id:abcnews0209:20170528205542j:image

 集合時間前外で並ぶんだけど 本当に静か。

今回完全に個別申込だからほとんどの人が1人で参加してました。

 

中はざっとこんな感じ。 

 f:id:abcnews0209:20170528230229j:image

 Aホール内でトークショーが行われました。

aからn列、

1-5 6-10 11-15        16-20 21-25 26-30

と言った感じに席が割り振られていました。

 

正面にはスクリーンが設置されていて、時間になると映像が流れました。

写真集のカットと共にメンバーの紹介がされてたんだけど違和感が⋯

 

バックミュージックが威風堂々!!!!

 

なんか高貴な感じがすごかった⋯

 

その映像が終わると後ろからメンバーが登場し、中央の通路を通ってステージへ。

 

服装は後々TVガイドさんがレポしてくれるのでそれを見てください。

 

 

トークショーが始まったんだけど、まぁ橋ちゃんは喋らないのなんの。

「気だるいファイブスター」と「通常版表紙」をその場で撮影するってなって、

 

カメラマンさん「みんなはっしー笑ってって言って!!!」(突然の煽り)

ファン「!?!?は、はっしー笑ってー!」

橋たん「うるせぇ」

ワイ「(やっと喋った!!!!!!)」

 

 

写真集のオフショットとして、映像を回替わりで流してくれたんだけどそれがまたいいのなんの。

ただの映像じゃなくて、面白おかしく注釈とかテロップが入ってて、この場限りはもったいないなぁと。

 

切られちゃったと話題の大木にまたがるところもバッチリ。

高所恐怖症の五関くんは隣の橋ちゃんの腕をガッシリ掴んで離さず⋯

最年長が最年少に甘える図ってどうしてこうキュンキュンするんだろうね!!!!

(このシーンが映った瞬間、「ヒッ⋯」っていう外向け用じゃないおたくの悲鳴が聞こえた)

 

 

同じく高所が苦手な河合くん。

登るのは何とかなるけど降りるのが怖いってすごいわかるよね。

で、こんな状態になる河合くん↓

f:id:abcnews0209:20170604210137p:image

(雑絵ですまん)

 

メンバーがそれぞれ足とか支えながら下ろしてあげるんだけど、

 

最終的に河合くんの脇を抱える戸塚さんにすべて持ってかれた⋯

 

 

 

写真集の反響については、塚ちゃんがサクラパパオーの控え室に置いといたら、お尻丸出しのページに折れ目(ページを開いた跡)が残ってて、やっぱこのページかぁと感慨深そうだった( )

 

 

全体を通して印象的だったのは戸塚さん。

なんかファンを見る目がすごい!!!

すごい形相で見渡している⋯目力⋯

 

あとやたらスタッフさんに絡む河合くん。

爽やかなお兄さん(萩ちゃん似)がいたんだけど、「笑顔がいいいですね」とか

「パンツの丈それでいいんですか?」→お兄さん「そういうデザインです(爽やかスマイル」とか(笑)

 

そういや写真集にある〝16527〟ってのはカット数ってのは周知の事実だけども、それは使える枚数であって実際は2万以上撮影してるとか。

 

 

支離滅裂なレポになってしまった⋯てかもはやレポでもない⋯

 

あ、結局ハイタッチは感想言う暇もなく、

河合くんには「舞台行きます!」→「⋯(何答えるか考えてるような間の後)ありがとう」

 

橋ちゃんに「いちばんすき!!(お決まりのヤツ)」→「ありがとう〜(たぶん聞いてない)」

 

っていう平凡な感じで終わりました〜〜五関くん戸塚さん塚ちゃんにはお礼を言って帰りました。

 

 

 

スタッフさんの愛に溢れたすてきな写真集、そしてイベントでした!

 

(終)